FontStream

書体のはなし|手書きのような柔らかい文字

書体は文章全体に匂いを与え、書き手の姿を想像させる

フォントによって文章の印象は随分変わります。その違いが特に分かりやすいのが手書き風フォントです。

あんずもじ

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

キャパニト L

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

じゆうちょうフォント

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

ことり文字ふぉんと L

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

OLえり字

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

りいポップ角

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

りいてがき筆

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

セプテンバーN 04

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

takumi書痙フォント L

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる

たぬき油性マジック

フォントサイズ変更

-22px+

おろしたてのスニーカーをはいて家を出る。背伸びしてひとまわり大きいサイズにした。歩くたびに、ペタン、パタンと足の周りで靴が踊る。長く余った靴ひもを、ゴムのつま先がコツコツ蹴り上げる。だんだん面白くなってきて、歩幅がどんどん広くなる。体が弾むと、ランドセルの中で教科書もトントン跳ねる。隣の筆箱が合いの手を入れるように、カチャッ、カチャッと揺れる。

続きを開く

黒い門の前を通ると必ず大きな柴犬が吠える。ワンワン、バウバウ。資源回収のトラックがビンや缶の入った袋を荷台に投げる。ブンッ、ガシャン。それから走り出したトラックは、ピロピロ音を鳴らして角を左に曲がっていく。朝の中学校はいつも誰かが走ってる。ファイ、オー、ファイ、オー。体育館の小さな窓からはシューズとボールだけが見える。ダムダム、キュッキュ。どこかでウグイスが鳴く練習をしている。ホー、ケキョ、ケキョケキョ。ボスッ、ボスッと体操袋を蹴りながら歩くリュウちゃんを追い越す。でもすぐに、後ろから走ってきたチカちゃんに抜かれた。慌てて追いかける。ペタン、パタン、コツコツ、トン、カチャ。大きいスニーカーは足にまとわりついてうまく走れない。それなのに耳をヒュンヒュンかすめていく風が、いつもより強く感じる。小学校まであと少し。チカちゃんがスピードを上げた。校門の前に立っている校長先生がニッコリ笑ってる。スニーカーで力いっぱい地面を蹴って、門に飛びこんだ。

閉じる